教会のご案内


横浜中央教会は1988年に横浜駅西口近くで設立され、2001年、横浜の中央に位置する天王町の地に教会堂が建てられました。
2016年10月には隣接した土地に会堂を増築をし、大人から子どもまで皆で礼拝を守っています。
教会では日曜日の主日礼拝や幼児や学生を対象とした教会学校、聖書の勉強会など様々な礼拝・集会を行っています。

礼拝・集会のご案内

主日礼拝(毎週日曜)

中・高生礼拝
10:00 - 10:30
中学生・高校生の礼拝ですが、どなたでも参加できます。時間が短く、聖書のメッセージもわかりやすいので、初めての方にもおすすめです。
朝の礼拝
10:45 - 12:00
神様が私たちを招いて下さる最も大切な集会です。礼拝では牧師が聖書の言葉を解き明かし、神様が聖書を通して、私たちに語りかけておられる言葉を、耳と心で聞きます。また神様をほめたたえる賛美歌を歌い、感謝のしるしとして献金をささげます。

夕の礼拝

休会中
16:00 - 17:00
旧約聖書の伝統では、一日に三度の礼拝が神殿でなされました。日曜日は安息日ですから、一日中礼拝と瞑想に過ごす日ですが、特に夕べの礼拝では、説教を聞いて、さらに自分の心を深く探り、懺悔と感謝をささげます。

教会学校

幼〜小学生クラス
9:30 - 10:00
2階礼拝堂で教会学校礼拝を行っています。賛美歌を歌い、聖書のお話しを聞き、お祈りをします。
 
10:00 - 10:30
幼稚科、低学年、中学年、高学年に分かれて聖書の学びをします。
中・高生クラス
9:30 - 10:00
中学生・高校生が集まるお茶とお話しの会です。
10時より礼拝堂に移動して中高生礼拝を守ります

祈祷会

祈祷会
水曜日
19:00 - 20:00
祈りとは自分のことばかりではなく、他人のために、教会のためにも祈らなければなりません。週の半ばに教会に集まって祈りの会を持つのは、この世の忙しさに流されないため、またこの世の価値観にどっぷりと浸からずに、自分の魂を正しく保つためです。

諸集会

読書会
第2、第4火曜
10:30〜12:00
現在は「神を愛するための神学講座」というテキストを学んでいます。テキストは毎回牧師がコピーしてお渡ししています。「真理とは何か」とか、キリスト教神学や教理に興味のある方は、キリスト教の真理をやさしく学ぶことができます。
聖書の勉強会
第1、第3水曜
10:30〜12:00
おもに婦人が中心で、現在は英語と日本語の対訳聖書を使って使徒言行録を学んでいます。英語が苦手な方でも、英語がどんどん好きになってくる不思議な集会です。聖書の言葉をより深く掘り下げて、牧師が解説していますので、聖書を読むことが楽しくなってきます。

土曜子供会

休会中

主に第四土曜
13:30〜15:00
聖書の話、工作、お菓子の楽しい時間です。
壮年会
第3日曜
13:15〜15:00
メンバーが持ち回りでテーマを決め、発題に基づいてディスカッションをしています。
オリーブの会
(婦人会)
第3日曜
13:15〜15:00
信仰・奉仕・親睦を大切にして活動しています。チームワークの良さが自慢です。

牧師紹介

牧師:大宮 季三(おおみや すえぞう)

現代のストレスの多くは対人関係にあるそうです。
家庭、学校、職場・・・。人目を気にして私たちは疲れ果ててしまいます。
ところで聖書は、真の神様が私たちをどのように見ておられるかを記しています。
世界を造り、人間を造られた真の神様は、私たちのために神の独り子を与えてくださいました!真の神様の目に、あなたは大きな価値がある存在です!!
教会では、この真の神様の真の愛を宣べ伝えています。
神様の目線から、人生を考え直してみませんか?

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。
独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。
(ヨハネによる福音書3:16)

教会は敷居の高い所と思われるかもしれませんが、どなたでもお気軽にお越しください! 一度入れば帰れなくなるようなことはありません(笑)!帰りたくなったら礼拝の途中でも帰っていただいて結構です。自由献金はありますが、入場料などお金をせびるようなこともありません!あなたのお越しをお待ちしています!

日本キリスト改革派教会とは?

「改革派教会」とは、16世紀のヨーロッパ宗教改革運動で始まったプロテスタント教会のことです。ヨーロッパ中世の教会は聖書の教えるキリスト教信仰からそれて堕落していました。この教会を再び聖書の教えに立ち返らせるために、宗教改革者カルヴァンやルターの指導で生まれたのが改革派教会です。
「日本キリスト改革派教会」は特にカルヴァンの伝統に立つ教会です。改革派教会という呼び名は、「神の言葉(聖書)によって改革され、改革し続けていく教会」という意味です。